平成29年2月18日に第2回統計分析ソフト講習会「二度目のR」を開催しました

統計科学研究拠点は情報メディア教育研究センターとの共催で、平成29年2月18日(土)に「第2回統計分析ソフト講習会『二度目のR』」を開催しました。(講師:山村 麻理子 先生

bunkyo1

本講習会は統計分析のスキル向上を目的としたもので、昨年開催した『初めてのR』に続き第2回目(回数としては3回目の実施)。会場には学内外から約50名の受講者が集まりました。

講師は教育学研究科で拠点メンバーの山村麻理子氏。「グラフの描画」をテーマとし、受講者は箱ひげ図・ヒストグラム等の描画方法を学び、さらにグラフの色の変え方・グラフの重ね方・グループ別の色分けなど、高度な技術も学習しました。
受講者はティーチング・アシスタントの補助を受けながら1人1台用意されたパソコンで問題を解きながら技術の習得に励みました。

◎(参考)「二度目のR」募集ページ(申込みは終了)
http://ssrc.hiroshima-u.ac.jp/?page_id=4713&lang=ja

bunkyo1