データの読み込みについて

「二度目のR」受講希望者の方へ

「二度目のR」講習会ではWindows版のRを用いて「ディレクトリを変更し、read.csvコマンドを使ってデータの読み込みができる」ことを前提として授業を進めます。
下記の操作がスムーズにできるよう復習もしくは学習をお願いします。

【ディレクトリ変更とデータの読み込み】
(1)Rのコマンドウインドウ「ファイル」から「ディレクトリの変更」を選ぶ。
(2)CSVファイル(例:sample.csv)等のデータが入っているフォルダを指定する。
(3)下記コマンドを入力し、CSVファイルを読み込む。
> Data <- read.csv(“sample.csv”)
(4)次の行に下記コマンドを入力し、ファイル内のデータが表示されればOK
> Data

【注意】
本ページに関する問い合わせには受け付けられませんので、
ご了承ください。